6年間保証●2009年モデル●予約もOK!キャンセル不可【送料無料】セイバン天使の羽ランドセル[モデルロイヤル]【HANA48(YOTTO48)】 5色[ブラック/チェリーピンク/サックス/カーマインレッド/ビビットピンク]1月末頃のお届け予定です♪6年間保証●2009年モデル●予約もOK!キャンセル不可【送料無料】セイバン天使の羽ランドセル[モデルロイヤル]【HANA48(YOTTO48)】 5色[ブラック/チェリーピンク/サックス/カーマインレッド/ビビットピンク]1月末頃のお届け予定です♪6年間保証●2009年モデル●予約もOK!キャンセル不可【送料無料】セイバン天使の羽ランドセル[モデルロイヤル]【HANA48(YOTTO48)】 5色[ブラック/チェリーピンク/サックス/カーマインレッド/ビビットピンク]1月末頃のお届け予定です♪
osadasoft

ランドセル天使羽のお手入れ

ランドセル天使羽は基本的なお手入れで、いつまでも美しいランドセルとして使用することができますので、こまめにお手入れして下さいね。

ランドセル天使羽が汗や雨に濡れたときは、なるべく早く乾いた布でふき取り、日陰干しにしてください。ランドセルは10日に一度くらいの割り合いで、シリコン液やクリーナーで拭くと完璧です。

ランドセル天使羽の汚れが目立ってきた場合には、天然皮革のものは、専用クリーナーで汚れを拭き取った後、乾いた布にシリコン液又はワックスをつけて全体をよく磨くとランドセルの表面に薄い皮膜ができ、傷や水分、汚れからランドセルを守ってくれます。合成皮革のものは、中性洗剤で汚れを拭き取ってから硬く絞った布で水拭きをし、最後にシリコン液やクリーナーで拭いておくとランドセルを綺麗に長持ちさせることができます。

ランドセル天使羽に小さな傷がついた場合には、少量の植物性オイルやランドセルと同色の油性マジックペンなどを使うことによって傷を目立たなくすることができますよ。

以上のお手入れ方法でランドセル天使羽を長く綺麗に使って下さいね。

ランドセル天使羽の使い方

ランドセル天使羽の上手な使い方を説明しますね。

背負った時に背中とランドセル天使羽の間に子供の手が一つ入る程度に調節します。
また子供の成長や服装によってランドセルの肩ベルトの長さを調節するように心掛けましょう。

ランドセル天使羽のマグネット式の止め金は、磁石で止めるだけでは、走ったりした時など、はずれて思わぬ事故につながったりしますので、ランドセルのマグネット錠についている止め金に、しっかりと止める習慣をつけるようにしましょう。

雨の日につけるビニールカバーをランドセル天使羽にかぶせたままにしておくと、ビニールに含まれているカソ剤がランドセルに付着して、はがそうとしたときに革の表面がはげたりきずになったりすることがあります。ランドセル天使羽に被せたビニールカバーは、最低でも一週間に一度は取り外すように気をつけましょうね。


ランドセル天使の羽

ランドセル天使羽の選び方の前に、ランドセルのファッションとしての広がりを見てみましょう。
1977年頃にタレントの篠原ともえが、ランドセルをファッションとして採り入れ、彼女のスタイリングが一部の若者に受け入れられました。都内の有名大学でもランドセルで通学する女子大生が出現したそうですよ。

アメリカでは女子大生が日本のランドセルを好んで使っていることもあるし、ロンドンやパリでもランドセル天使羽は人気があるグッズみたいです。これは、素材の質の良さ、丈夫さ、背負った時のシルエットのかわいらしさなどが理由みたいですね。

ランドセルメーカーも多用途向けに製品開発をしており、半被せランドセルのまちの部分の厚みを薄くした「塾バッグ」と称するランドセルも販売されているみたいです。

ランドセル天使羽を背負ってるお子様の姿を想像してみてください。思わず笑みがこぼれますよね。

ランドセル天使の羽根<背中にピッタリ>

ランドセル天使羽の歴史

ランドセル天使羽の歴史の前にランドセルの歴史を調べてみましょう。
ランドセルの歴史は意外に浅く、幕末の日本に西洋式の軍隊制度が導入された際、布製の背のうが輸入されました。これがどうやら日本のランドセルの事始めみたいですね。通学カバンとしての利用は、明治時代からのようです。この時のランドセルは今の物と違ってランドセル天使羽のようにからいやすくなかったでしょうね。

その後、背負うことによって、子供の負担が軽減でき両手が自由に使えるなどの長所からランドセルは小学生用として普及しました。戦前までは、ランドセルなど無くて風呂敷に学習道具を包んで通学するのが一般的でした。しかし、昭和30年代以降になると全国的にランドセル通学が普及して現在に至っているようです。

なお、世界中を見渡してみてもランドセル天使羽のような背負うカバンはヨーロッパの一部で使用されているくらいで、ランドセルは日本独自のものみたいです。

皆さんも小学生の頃にランドセルを背負って通学されていたと思いますが、まだランドセルをそのまま持っている人はいるんでしょうかね。
現在は、昔のランドセルからカバンを加工してくれたりする所がありますんで、そういう所でランドセル天使羽に第2の人生を与えてあげましょう。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。